すべてが無駄であることについて

ムルソー.com

お金を学ぶオンラインサロンはじめました。

【スポンサーリンク】

ブロックチェーンを医療に使う?仮想通貨Medicalchainについて

ブロックチェーンは、様々な分野で使われるようになってきました。

 

はじめは、ビットコインにのみ使われていたものが、他のアルトコインや金融、証券、貿易、法律様々な分野に応用されるようになった。

 

今回紹介するのは、医療現場で使われる仮想通貨Medicalchainについて

 

 

 

 

 

 

 

Medicalchainとは?

Medicalchain上のブロックチェーンには、患者のカルテ、既往歴、内服薬などが記録することができます。

 

ブロックチェーンというと、仮想通貨の取引内容を記録するものというイメージがあると思います。

ですが、Medicalchainでは仮想通貨のやり取りだけでなく、患者の情報も記録することができます。

それは改ざんや流出がされることがなく、個人情報も守られます。

 

 

 

 

 

Medicalchainは限られた者しか閲覧できない

患者の情報は、病院や薬局、医療研究機関、健康保険会社、介護施設などあらゆるところで必要となるはずですが、それらの情報は一つにまとめられていません。

 

そこでMedicalchain上に患者の情報を一つにまとめておきます。

 

患者の情報にアクセスするには、患者からアクセス権を与えられる必要があります。それ以外の者は、その情報を閲覧することが出来ません。

 

 

 

 

 

 

 

遠隔診療にも活用可能

Medicalchain上で発行されるMedToken(MED)を使用することで、診療費を支払うことが出来る。

在宅にいながら、医者からの問診を受け、その代金をブロックチェーンで支払う、なんてことも可能になります。