すべてが無駄であることについて

ムルソー.com

お金を学ぶオンラインサロンはじめました。

【スポンサーリンク】

【新たな金融インフラとなるか?】仮想通貨リップル(XRP)とは

仮想通貨トレーダーのムルソーです。

 

本日は、最近アツい仮想通貨リップルXRP)についてご説明いたします。

 

 

 

 

 

リップルとは?

 リップルは、銀行間での送金や決済に特化させた仮想通貨です。

この「リップル」というのは、アメリカの会社「Ripple.inc」が提唱しているプロジェクトの名前であり、そこで使用される仮想通貨の名前が「XRP」です。

ややこしいので、当ブログでは区別しておりませんので悪しからずw

 

 

 

 

特徴は以下の通りです。

  • 送金の速度が早い
  • 手数料が安い

 

 f:id:Meursault:20171018212545p:plain

特徴① 送金速度が早い

 送金速度ですが、リップルはとても早く、数秒で済みます。

ビットコインは、仮想通貨界では基軸通貨とも言われるほど、メジャーな仮想通貨です。しかし、ビットコインの送金速度は数分から数十分はかかってしまっています。

 

それと比べると、リップルの送金速度は優れていますね。

 

 

通常、海外送金では一週間くらいかかるのですが、世界中の銀行がリップルを利用すれば、コストを抑えることが可能になります。

 

 

 

 

 

特徴② 手数料が安い

 

 

 【コインチェックでの送金手数料比較】

 

ビットコイン:0.001BTC(約2000円)

イーサリアム:0.01ETH(約1450円)

ビットコインキャッシュ:0.001BCH(約300円)

ネム:0.5XEM(約100円)

リップル:0.15XRP(約50円)

 

 

 他の仮想通貨同様、リップルも仲介役が居ないため、手数料を多く取られることがありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よくニュースでもリップルが取り扱われるようになってきている

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらに、三井住友銀行りそな銀行など37の金融機関が、米リップル社の技術を活用し韓国の大手銀行2行と送金実験を始めています。

(引用元 日韓金融機関、ブロックチェーン送金の実験開始 :日本経済新聞

 

 

また、SBIホールディングス株式会社と子会社のSBI Ripple Asia株式会社は、複数のカード会社と組み、「ブロックチェーン技術等を活用したペイメントカード業界コンソーシアム」を2018年1月に設立予定。

(引用元 SBIが大手カード会社と共同でコンソーシアム設立/リップルとの関係性

 

 

 

 

 

 

リップルの値動きをチャートで見てみる

 

 

昨年2017年8月から2018年1月までのチャートです。

(引用元 Ripple (XRP) price, charts, market cap, and other metrics | CoinMarketCap

f:id:Meursault:20180108145301p:plain

 

 

スゴい勢いで高騰していますね。

昨年2017年の12月あたりから爆上げし始めましたね。

 

2017年の1年間でリップルの価格は273倍になりました。

 時価総額ランキングでは、一時期はイーサリアムを抜いて二位をキープしたこともあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リップルはどこで買える?

 国内取引所では、コインチェックやGMOコイン、そしてビットバンクなどで取り扱われています。

海外の取引所ではビットレックス、バイナンスなどで取り扱われています。

 

国内でしたら、コインチェックが種類豊富でオススメです。

 

 

 

 

 

インチェック登録はコチラから出来ます。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

 

 

 

 

 

また、最近流行りの「草コイン」投資に興味がある方は、バイナンスにも登録しておくと良いでしょう。

登録方法はコチラで紹介してます。

 

investor.murusou.com

 

 

 

 

 

 

 

 

【参考動画】

 


リップルの高騰が続くと思う 12月31日