すべてが無駄であることについて

千円から始める仮想通貨 【ムルソーの投資研究室】

全ての仮想通貨トレーダーが読むべき記事を更新していきます。「これから仮想通貨を始めたい」という入門者もウエルカムです。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

ゲーム市場の革命家 ゲームクレジットのこと

Sponsered Link

今日もとてもユニークな仮想通貨を紹介します。

 

 

 

 

ゲームクレジットについて

 

f:id:Meursault:20171015102155p:plain

 

ゲームクレジット。

その名の通り、ゲームで使うことを目的として作られた仮想通貨です。

略称はGAME

2014年の9月に誕生。

 

 

 

 

時価総額は、約210億円。

最大発行数は8400万GAMEで、現在は約6300万GAMEが発行されていることのこと。

 

 

 

 

 

運営は、GameCredits.incが行っています。

ウェブサイトはこちら。

https://gamecredits.com/

 

 

サイトにアクセスすると、こんな画面が出ます。

 

 

f:id:Meursault:20171015104638p:plain

 

 

 

 

なんだか、近未来的な画面ですね!

 

続きも見てみたところ、全部英語だったので分かりませんでしたw

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どこで使えるのか

オンラインゲームや、ゲームを舞台にした場所で使えるようです。

 

ゲームのプレイヤーや、ゲーム開発者をターゲットにしたもので、今後はVRやオンラインカジノで導入されることが検討されているようです。

かの有名な、ファイナルファンタジーも、ゲームクレジット対応を始めたそうです。

 

 

ゲームクレジットは、コチラのサイトで配信されているゲームで使用できるようです。

G STORE

 

 

 

 

ゲームの世界と、現実をまたいでやりとりできる通貨

注目すべきは、ゲームクレジットは、異なるゲームソフトをまたいでやり取りできる点です。

 

今まで、とあるゲームソフトに課金すれば、そのソフト内でしか利用できなかったものが、同じゲームクレジット利用できるソフトなら、他のソフトにお金を移すことが出来るのです。

 

ゲーム内でレアな武器や道具を手に入れて、ゲームクレジットにすれば、円やドルに換金したり、他の人に売ったりできる、リアルマネートレードRMT)も可能です。

 

今後は、ゲーマーだって仮想通貨で稼げる時代になってきます。

 

 

 

 

 

ファンタジースポーツでの利用が検討されている

ファンタジースポーツというシミュレーションゲーム内で、ゲームクレジットの導入が検討されているようです。

 

 

 

ファンタジースポーツについてはコチラが参考になります。

business.nikkeibp.co.jp

ファンタジー・スポーツ事業協会(FSTA)によると、米国でのユーザ数は約3200万人で、彼らが年間平均で467ドル(約5万6000円)をゲーム関連サービスに費やし、総額150億ドル(約1兆8000億円)の一大市場を形成しています。

 

上記で引用したように、グーグルも多額の金を投資しており、かなり大きな市場みたいです。

 

そんなファンタジースポーツで、ゲームクレジットが導入されれば、時価総額はさらに上がりそうですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

どこで買えるか

国内の取引所では扱ってません。

BITBOXの海外版では扱ってますが、日本語対応してないです。なぜか中国語です。

 

 

 

以下、取り扱いしている取引所です。

 

  • Poloniex
  • Bittrex
  • Livecoin
  • Allcoin
  • Boxbase

 

などなど。

 

 

 

僕も海外取引所に登録し、ゲームクレジットを買いました

ビットレックスに登録しました。

そして、日本円にして約一万円分、ゲームクレジットを買いました。

 

 

 

ちなみに、ビットレックスですが、取り扱っている仮想通貨の量が半端ないです。

こんな感じ。

 

f:id:Meursault:20171015111756p:plain

 

名前すら知らない仮想通貨ばかりですね。

 

 

 

 

 

 

今後の値上がりの予想

 はじめに、ゲームクレジットのチャートを見てみましょう。

GameCredits 相場チャート (GAME/JPY) | CoinGeckoより引用した、月足チャートです。

 

f:id:Meursault:20171015115834p:plain

 

現在、1GAME=約185円で取引されてます。

 

先月、大きく上昇したあと、最近になってガクッと下がってるんですよねぇ。

 

まぁ、底に近いところで買うことが出来たのはチャンスかもしれません。

 

 

 

これも、長期的に見れば伸びていくと考えてます。

下記の通り、様々なところでの使用が検討されてます。

  • 需要のあるオンラインゲーム
  • ファンタジースポーツ

 

実現すれば、市場規模は更に広がるだろう。

 

 

 

 

 

まとめ

 

ゲームクレジット。

ゲームの為に作られた仮想通貨。

略称はGAME。

時価総額は、約210億円。

最大発行数は8400万GAM

 

GameCredits.incが運営。

オンラインゲームやVR、カジノなど、様々なところで登場予定